内臓脂肪蓄積に注意をメタボリックシンドロームの危険度ダイエットサプリ一覧



メタボリックを改善しよう





改めて、メタボリックシンドローム・内臓脂肪について簡単にご説明致します。

メタボリックシンドロームとは、長年の生活習慣、食生活習慣が積み重なって引き起こされる病気です。

しかし伝染性のウイルスのような奇病ではありませんので、自分自身がきちんとした生活を送るように心がけるだけで、劇的に改善されていくものです。

一番のポイントはダイエットで内臓脂肪を燃焼して減らし、適正な腹囲と体重に戻りそれを保つことです。

肥満には、内臓のまわりに脂肪が多くたまる内臓脂肪型(りんご型)と、皮下脂肪が多く内臓のまわりに脂肪が少ない皮下脂肪型(洋なし型)の2つのタイプがあります。

脂肪の中でも内臓にたっぷりとたまってしまった内臓脂肪に要注意!
内臓脂肪によって、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病を引き起こすことになるのです。
内臓脂肪は女性よりも男性に多く、また見た目に痩せているからと安心できないのも注意ポイント。

さらには一般的な体脂肪計などでは測定することができないため、体脂肪率が正常値でも安心できません。

下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを「皮下脂肪型肥満」、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを「内臓脂肪型肥満」とよびます。

体形からそれぞれ「洋ナシ型肥満」「リンゴ型肥満」ともよばれています。

この2つのタイプのうち、「皮下脂肪型肥満」は外見から明らかにわかりやすいですが、「内臓脂肪型肥満」は外見ではわからないことがあります。

内臓脂肪型肥満を簡単に調べる方法として、ウエスト径(へそまわり径)が男性では85cm以上、女性では90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。これは肥満というより肥満症と考えた方が良いかもしれません。

あなたのウエストサイズは大丈夫ですか?
お腹の皮膚の下にあって、摘むことができるのが皮下脂肪。
一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。
というわけで、皮下脂肪と内臓脂肪は別ものですが、構造的な差はありません。

代謝を見ると、内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、より機能的に活発な細胞です。
活発というのは、脂肪を溜めやすく出し易いという意味と、生理的活性物質を多く作るという両方の意味です。

いずれにしても、自分の身体は自分で管理するしかありません。
極端なダイエットをやっても、まず続かないし逆効果の場合も少なくありません。

負担になり、ストレスを溜め込まない自分なりのダイエットを見つけて、コツコツ続けるしか方法はありません。

お互いに・・・頑張りましょうねるんるん

メタボリックシンドロームからの復活!ビジネスマンが考えた非常識なダイエット論(完全サポート版)

【全額返金保証付】7daysダイエットプログラム〜整体師が10年の研究から偶然編み出した!〜

カリスマセラピストのダイエット黄金の法則

脳内革命ダイエット

知るだけで痩せるナチュラルダイエット

肥満が増加!今子供も大人も危ない!ダイエット成功法則〜魔法のダイエット〜

簡単ダイエット 私はこうして痩せる体質になった


DLダイエット

【うんこどっさり!便秘対策!】食事と排便 美しく食べて 美しく排便 ダイエットも美容も 便秘対策で解消!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。