内臓脂肪蓄積に注意をメタボリックシンドロームの危険度ダイエットサプリ一覧



肥満対策で学会提言





体重3キロ、ウエスト3センチ減 肥満対策で学会提言

内臓脂肪の蓄積が原因で心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞などの危険が高くなるメタボリック症候群を抑えるため、日本肥満学会は26日、肥満症の人は食生活を改善、運動し、体重を3キロ、ウエストを3センチ減らす「サンサン運動」に取り組むよう呼び掛けた。

 同学会などは、同症候群の診断基準として、ウエストが男性で85センチ、女性で90センチ以上で、最高血圧が130以上か最低血圧が85以上などの項目を定めている。

 この日、松沢佑次理事長らが神戸市で記者会見し、「過食や運動不足がメタボリック症候群の主な原因」と指摘。小児肥満が過去30年で5倍に増えているなど、今後も患者の増加が懸念されるため、「3キロ」「3センチ」と具体的な数値を示して対策を呼び掛けることにした。

 糖尿病の一歩手前でも体重の5%を減らせばほとんど発症しないという科学的なデータを参考に目標値を決めたという。学会は「肥満症でない人は無理なダイエットをする必要はないが、現状維持に努めてほしい」としている。


糖尿病予備軍の方達にもやはりダイエットが必要なんですね。
後3s頑張れば病気になりにくいと分かっていたら、頑張る気力も生まれてきます。

あと少しの努力ですからみなさん頑張りましょう。



【メタボリック・ダイエット】 これまでの日本のダイエットの常識は捨ててください。365日返金保障!「たくさん食べて、運動は少しだけ」が、肥満大国アメリカでも本当に効果があったダイエット法なんです。

posted by nainai at 13:24 | TrackBack(0) | ◆得々情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27020331

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。