内臓脂肪蓄積に注意をメタボリックシンドロームの危険度ダイエットサプリ一覧



内臓脂肪蓄積に注意を





メタボリックシンドロームといえば、内臓脂肪が蓄積しているのが最大の原因ですが・・・

実は、体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。

下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを「皮下脂肪型肥満」、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを「内臓脂肪型肥満」とよばれています。

この2つのタイプのうち、「皮下脂肪型肥満」は外見からわかりやすいですが、「内臓脂肪型肥満」は外見だけではわからないことが多いのです。

内臓脂肪型肥満を簡単に調べる方法として、ウエスト径(へそまわり)が男性では85cm以上、女性では90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。

これは肥満というより肥満症と考えた方が良いかもしれません。

あなたのウエストサイズは大丈夫ですか?

内臓脂肪と皮下脂肪では、エネルギーの使われ方も違うんですね。

エネルギーの備蓄を預金に例えると、内臓脂肪は日々の生活のための普通預金、皮下脂肪はいざというときに備える定期預金や積立預金といえるでしょう。

つまり、内臓脂肪は比較的容易にたまりますが、意外に簡単に燃焼することができるので、日々の食事や運動を心がければ減らすことは十分に可能なのです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23689549

この記事へのトラックバック

■ メタボリックシンドローム : 皮下脂肪型肥満
Excerpt: メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の過剰な蓄積を起因する生活習慣病のリスクが高まっている状態を指します。 ここでいう肥満は、腹部の内臓の周りに過剰に脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満(りんご型肥満)です。..
Weblog: ダイエット(メタボリックシンドローム)
Tracked: 2006-09-21 15:45

ダイエット ( 肥満 )その1
Excerpt: 肥満といっても、脂肪の蓄積の仕方によって、2つの肥満のタイプに分けられます。 脂肪の蓄積する場所が、下腹部、腰の周囲、臀部(お尻)、大腿部などの皮下に脂肪を 蓄積するタイプがあります。 このタイプ..
Weblog: ダイエット ( ホンモノのダイエットノウハウ )
Tracked: 2006-09-21 15:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。