内臓脂肪蓄積に注意をメタボリックシンドロームの危険度ダイエットサプリ一覧



メタボリックシンドローム





メタボリックシンドロームフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

1980年代前半まで、生活習慣病の三大要素(高血圧・糖代謝異常・脂質代謝異常)と内臓脂肪蓄積型肥満(いわゆるリンゴ型肥満)とは、ほぼ同時進行で悪化の過程をたどるが、あくまで個別の事象であるとの見方が主流だった。
が、それらの密接な相関がReaven GMによって「Syndrome X」との研究名で報告され(1988年)、その翌年にKaplan NMによる「死の四重奏」と題する研究報告がなされたのを契機に、蓄積された内臓脂肪を“主犯”とする研究が活発化。
2001年にWHO(世界保健機関)が『メタボリックシンドローム』という名称と、その診断基準を発表したことにより、一般に知られる病態名となった。


必ず見つかるダイエット品一覧


★激安ショップ⇒秘密の玉手箱

日本人のライフスタイルの欧米化によって、肥満や高血圧、糖尿病(予備軍も含めて)、脂質代謝異常などの病態が、それぞれ合併して起こる状態を表す言葉が「メタボリックシンドローム」と言われています。

メタボリックの語源であるメタボリズムというのは代謝を意味します。
シンドロームは症候群と言う事です。

つまり、「身体の代謝が悪い」ということ。
日本語で言えば「代謝症候群」ということが言えます。

メタボリックシンドロームは、1980年代のアメリカで研究が始まり、日本でその診断基準が作られたのは2005年5月に日本内科学会で発表されました。

診断基準の具体例をあげると、ウェストサイズがあります。

これは内臓脂肪の蓄積を見るためのもので、男性85cm以上、女性90cm以上が目安になっています。
これに加えて、高脂血症、血圧、血糖の3項目のリスクがあります。

そして内蔵脂肪蓄積にこの2つ以上のリスクが加わるとメタボリックシンドロームと診断されます。

ちなみにリスクが0〜1つの場合は、「肥満症」。

リスク3つ(内臓肥満を入れれば4つ)以上で「死の四重奏」と呼ばれています。

メタボリックシンドロームの大もとの原因は内臓脂肪にあります。

内臓脂肪がたまるのは、生活習慣が悪いことに起因することが多いのです。

解決策は、生活習慣を改善するしかないでしょう。

メタボリックシンドロームの予防のために最低3日に1回の運動と、高タンパク、高脂肪などが多い食事の質を見直し、食物繊維を十分に摂ることなどがポイントとなります。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。